芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 読書感想

読書感想

「おひるのたびにさようなら」安戸悠太(著)(第45回文藝賞受賞作)読書感想

「おひるのたびにさようなら」 安戸悠太(著) (第45回文藝賞受賞作) (河出書房新社)   会社員の「真司」は、昼休みに耳鼻咽喉科の病院に出かけて行き、待合室で昼ドラを観ては、会社の屋上で先輩社員(女)二人に …

「けちゃっぷ」喜多ふあり(著)(第45回文藝賞受賞作)読書感想

「けちゃっぷ」 喜多ふあり(著) (第45回文藝賞受賞作) (河出書房新社)   日常で他人と会話することのない主人公(「私」=女)は、親の仕送りでマンションに独り暮らし。外に出かけることはほどんどなくて、心の …

「青色讃歌」丹下健太(著)(第44回文藝賞受賞作)読書感想

「青色讃歌」 丹下健太(著) (第44回文藝賞受賞作) (河出書房新社)     二十代後半の主人公(高橋)は、大学を卒業後、五年間フリーター生活である。 恋人(めぐみ)と同棲中である彼は、バイトをし …

「肝心の子供」磯崎憲一郎(著)(第44回文藝賞受賞作)読書感想

「肝心の子供」 磯崎憲一郎(著)   (第44回文藝賞受賞作) (河出書房新書)   ブッダ(シッダールタ)と、その息子のラーフラ、そして孫のテッィサ・メッテイヤの三代に及ぶ物語。 ブッダがまだシッダ …

「ヘンリエッタ」中山咲(著)(第43回文藝賞受賞作)読書感想

「ヘンリエッタ」 中山咲(著) (第43回文藝賞受賞作) (河出書房新書)   「ヘンリエッタ」という名前を持つその家は、いつも水のような空気が満ちている。「ヘンリエッタ」というのは、家主のあきえさんのおばあさ …

「公園」萩世いをら(著)(第43回文藝賞受賞作)読書感想

「公園」  萩世いをら(著) (43回文藝賞受賞作) (河出書房新社)     物語りは、公園からはじまる。 よく分からないが、大勢のヤンキーらしき団体に、ひたすら殴られ続けている二人の男がいて、また …

「きみは赤ちゃん」川上未映子著(文藝春秋)読書感想

「きみは赤ちゃん」  川上未映子著(文藝春秋)       文學界新人賞及び新潮新人賞の選考委員である川上未映子さんが、自身の出産におよんでの出来事を記した体験記です。 「出産編 できたら、 …

「昨夜のカレー、明日のパン」木皿泉著(河出文庫)読書感想

「昨夜のカレー、明日のパン」 木皿泉著(河出文庫)       木皿泉というのは、和泉努さんと妻鹿年季子さんという夫婦作家(脚本家)です。 二人で一つのペンネームを持つ作家と言えば、『犬はい …

「嫌われ松子の一生」山田宗樹著(幻冬舎)読書感想

「嫌われ松子の一生」  山田宗樹著 (幻冬舎)   他殺死体で発見された伯母(川尻松子)の遺品整理を父親に頼まれた甥(川尻笙)は、松子が最後に過ごしたアパートに、恋人の明日香を連れて出向く。 松子のことは、これ …

文学新人賞をぜひとってみたい!!純文学系新人賞を過去受賞作から研究してみました その6

こんにちは『tori研』です。 今回は第6回目となります。前回から引き続き、群像新人文学賞の研究(後半)にまいります。 (→前半はこちら) 後半は、第54回~第59回(2011年~2016年)の、群像新人文学賞をまとめて …

« 1 36 37 38 44 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.