芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog

気になる作品、著名人

『ジャップ・ン・ロール・ヒーロー』鴻池留衣(著)読書感想

『ジャップ・ン・   ロール・ヒーロー』    鴻池留衣(著) (『新潮』2018年9月号に掲載)     デビュー作の『二人組み』から注目している鴻池留衣さんの作品とあって、かなり期待して読みはじめ …

『僕が殺した人と僕を殺した人』東山彰良(著)読書感想

『僕が殺した人と僕を殺した人』 東山彰良(著) (文藝春秋)       『流』で第153回直木賞を受賞した、東山彰良さんの長編小説。 題名はかなりショッキングなものですし、冒頭から猟奇的な …

『三つの短い話』村上春樹(著) 読書感想

『三つの短い話』 村上春樹(著) (『文學界』2018年7月号に掲載)       珍しく村上春樹さんの作品が文芸誌(『文學界』)に掲載されていたので、読んでみました。(たぶん、本当にすごく …

『真夜中乙女戦争』F(著)KADOKAWA 読書感想

『真夜中乙女戦争』 F(著) (KADOKAWA)     現役大学生の間で話題になっている、Fなる覆面作家による小説と聞いてから、本作を手に取りました。 プロフィールには、猫が好きでかつ猫アレルギー …

『ジュンのための6つの小曲』古谷田奈月(著)読書感想

『ジュンのための              6つの小曲』 古谷田奈月(著) (新潮文庫)     14歳(中学2年生)のジュンは、学校では「アホジュン」と呼ばれ、周囲の生徒らから見下されていて、友達が …

『干潮』水原涼(著)読書感想

『干潮』 水原涼(著) (『すばる』2018年5月号に掲載)      祖母が亡くなり、その葬儀に立ち会うことになる「私」。 幼いころに亡くなった祖父のことを思い出す。 それは自分の記憶と、誰かから聞 …

『地球星人』村田沙耶香(著)読書感想

『地球星人』 村田沙耶香(著) (『新潮』2018年5月号に掲載)     小学5年生の奈月(「私」)は、同い年のいとこの由宇と、毎年祖父母の家で、お盆にだけ会えることを心待ちにしていた。 二人は恋人 …

『TARO POWER MILO!!』松波太郎(著)読書感想

『TARO POWER MILO!!』 松波太郎(著) (『文藝』2018年春号に掲載)     身体が小さくていじめられっ子だった主人公が、あるきっかけからミロを飲みはじめ、どんどん逞しくなっていく …

『俺の部屋からは野球場が見える』岡本学(著)読書感想

『俺の部屋からは         野球場が見える』 岡本学(著) (『群像』2018年4月号に掲載)      同棲していた恋人の余命があまりないことを知った「私」は、その数週間後、大学時代の友人で長 …

『1ミリの後悔もない、はずがない』一木けい(著)/新潮社/ 読書感想

『1ミリの後悔もない、      はずがない』 一木けい(著) (新潮社)       【王様のブランチ】で紹介されていて、気になったので手に取りました。 短篇集なのかな、と思って読み進めて …

1 2 3 8 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.