芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
読書感想

芥川賞候補作

『赤い砂を蹴る』石原燃(著) 第163回芥川賞候補作品 読書感想

第163回芥川賞候補作品 『赤い砂を蹴る』 石原燃(著)  (『文學界』2020年6月号に掲載)   作品を読了後に、著者が太宰治の孫であることを知りました。母親は、太宰治の娘で作家の津島佑子さんです。 物語は …

『アキちゃん』三木三奈(著) 第125回文學界新人賞受賞作品/第163回芥川賞候補作品 読書感想

第125回文學界新人賞受賞作品/ 第163回芥川賞候補作品 『アキちゃん』 三木三奈(著)  (『文學界』2020年5月号に掲載)   成人した女性が、小学校時代に親しかった「アキちゃん」という同級生との思い出 …

『首里の馬』高山羽根子(著) 第163回芥川賞候補作品 読書感想

第163回芥川賞候補作品 『首里の馬』 高山羽根子(著)  (『新潮』2020年3月号に掲載)   題名にもある通り、物語の舞台は沖縄の首里です。 この地域の一角に、一軒の古いコンクリート建築の家があり、ここを …

『最高の任務』乗代雄介(著) 第162回芥川賞候補作品 読書感想

第162回芥川賞候補作品 『最高の任務』 乗代雄介(著) (『群像』2019年12月号に掲載) 本作の主人公(語り手)である「私」は、デビュー作である「十七八より」の主人公でもある阿佐美景子です。 かつて自身によって「あ …

『生きてるだけで、愛。』本谷有希子(著) 読書感想

第135回芥川賞候補作 『生きてるだけで、愛。』 本谷有希子(著)  (新潮文庫) 高校時代、なんとなく学校生活がかったるいという理由だけで、体中の毛を(まつげと鼻毛以外)剃ってしまったことがあるという、自意識の非常に強 …

『五つ数えれば三日月が』李琴峰(著) 第161回芥川賞候補作品 読書感想

第161回芥川賞候補作品 『五つ数えれば三日月が』 李琴峰(著)  (文藝春秋) 台湾籍の日本の小説家、李琴峰さんの小説。 台湾で生まれ育ち、東京の大学院を卒業してそのまま東京で就職した主人公の女性と、彼女が想いを寄せる …

『百の夜は跳ねて』古市憲寿(著) 第161回芥川賞候補作品 読書感想

第161回芥川賞候補作品 『百の夜は跳ねて』 古市憲寿(著)  (新潮社) 社会学者でコメンテーターとしてテレビなどメディアで大活躍の古市憲寿さんは、昨年『平成くん、さようなら』でも芥川賞候補となりましたが、今回二度目の …

『カム・ギャザー・ラウンド・ピープル』高山羽根子(著) 読書感想

『カム・ギャザー・ラウンド・ピープル』 高山羽根子(著)  (集英社) 『居た場所』で、第160回芥川賞の候補になった高山羽根子さんの中篇。 題名になっている「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」というのは、ボブ・ディラ …

『マダム・キュリーと朝食を』小林エリカ(著) 読書感想

第151回芥川賞受賞候補作品 『マダム・キュリーと朝食を』 小林エリカ(著)  (集英社) 猫と少女。二人(1人と1匹)の語り手によって紡がれている物語なのですが、「光」というものがそこに関わってくることで、世代を超え、 …

『居た場所』高山羽根子(著)第160回芥川賞候補作品 読書感想

第160回芥川賞候補作品 『居た場所』 高山羽根子(著) (河出書房新社)   残念ながら芥川賞は逃しましたが、なかなかに味わい深い、魅力的な作品だったと思います。   介護の実技実習留学のために日本 …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.