芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想

文學界新人賞

  • HOME »
  • 文學界新人賞

【締切】 2020年9月30日

(当日消印有効。Web応募は9月30日24時締切)

【枚数】400字詰原稿用紙 70枚以上150枚以下

◆文學界新人賞過去受賞作品一覧◆

【選考委員情報】

円 城 塔 「オブ・ザ・ベースボール」

(第104回文學界新人賞)

→読書感想はこちら

「これはペンです」 (第145回芥川賞候補作) 

「道化師の蝶」 (第146回芥川賞)

→読書感想はこちら

「烏有此譚」

(第32回野間文芸新人賞受賞作)

→読書感想はこちら

 上 未 映 子

「わたくし率 イン 歯ー、または世界」

(講談社文庫) 

「乳と卵」 (第138回芥川賞)

 →読書感想はこちら

「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」

(第14回中原中也賞)

「ヘヴン」 (紫式部文学賞)

「きみは赤ちゃん」 →読書感想はこちら

「サイドカーに犬」(第92回文學界新人賞)

(→読書感想はこちら)

「猛スピードで母は」

(→読書感想はこちら)

「夕子ちゃんの近道」

(第1回大江健三郎賞)

『佐渡の三人』 →読書感想はこちら

「存在論的、郵便的ジャック・デリダについて」

「動物化するポストモダン」

「ゲーム的リアリズムの誕生―動物化するポストモダン2」

『銃』(第34回新潮新人賞)

『遮光』(第26回野間文芸新人賞)

『土の中の子供』(第133回芥川賞)

『掏摸』(大江健三郎賞)

【その他、耳より情報】

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.