芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog

文學界新人賞

『いやしい鳥』藤野可織(著)第103回文學界新人賞受賞作品 読書感想

第103回文學界新人賞受賞作品 『いやしい鳥』 藤野可織(著) (文藝春秋)       『爪と目』で第149回芥川賞を受賞した藤野可織さんの、デビュー作品です。 本作で文學界新人賞を受賞し …

『ジェロニモの十字架』青来有一(著)第80回文學界新人賞受賞作品 読書感想

第80回文學界新人賞受賞作品 『ジェロニモの十字架』 青来有一(著) (文藝春秋刊行の『聖水』に所収)       『聖水』で芥川賞を受賞した長崎出身の作家、青来有一さんのデビュー作品です。 …

第123回文學界新人賞発表―”受賞作なし”という結果に

第123回文學界新人賞選評 (『文學界』2018年5月号に掲載)       今回は非常に残念なことに、第123回文學界新人賞発は”受賞作なし”という結果でした。 当然ながら、掲載されること …

『影裏』沼田真佑(著)第122回文學界新人賞/第157回芥川賞候補作品 読書感想

第122回文學界新人賞/  第157回芥川賞候補作品 『影裏』 沼田真佑(著) (『文學界』2017年5月号掲載)   東京の親会社からの異動で、盛岡市郊外に移り住むことになった主人公の「わたし」は、同僚の日浅 …

「オブ・ザ・ベースボール」円城塔(著)(第104回文學界新人賞受賞作)読書感想

  「オブ・ザ・ベースボール」   円城塔(著)  (文藝春秋)   (第104回文學界新人賞受賞作)     現在は自らが選考委員もしている文學界新人賞を受賞したこの作品が、円城塔さんのデ …

文学新人賞をぜひとってみたい!!純文学系新人賞を過去受賞作から研究してみました その4

こんにちは。第4回目の『tori研』です。 今回はいよいよ、第121回の 文學界新人賞 をいってみようと思います。 一番直近ですので、参考になるかと……。もちろん、私の研究結果など、無視していただいていいのです。何よりも …

「人生のアルバム」渡辺勝也(著)(第121回文學界新人賞受賞作)読書感想

「人生のアルバム」渡辺勝也(著) (第121回文學界新人賞受賞作) (『文學界』2016年5月号)   百歳まで生きた女性の一生を、誕生から火葬される直前まで毎日欠かさずに撮られた写真から振り返る、というもの。 …

「最後のうるう年」二瓶哲也著(第115回文學界新人賞受賞作)読書感想

「最後のうるう年」二瓶哲也著 (第115回文學界新人賞受賞作) (『文學界』2012年12月号掲載)   親の介護を理由に九年間勤めた印刷会社を退職しようとしている男が、後輩の運転する車中から昔の同僚の姿を見か …

「熊の結婚」諸隈 元 著(第118回文學界新人賞受賞作品)読書感想

「熊の結婚」諸隈 元 著 (第118回文學界新人賞受賞作品) (『文學界』2014年6月号掲載)     年収百万以下のアルバイトをしながらひたすら絵を描いて生きているいる「夫」と、弁護士の仕事に就い …

「市街戦」砂川文次(著)(第121回文學界新人賞受賞作)読書感想

「市街戦」砂川文次(著) (第121回文學界新人賞受賞作) (『文學界』2016年5月号掲載)   人気のない九州の田舎道を、演習場に向かってひたすら行軍していく自衛隊員たち。幹部候補生であるKは、夢(過去の記 …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.