芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想

群像新人文学賞 

  • HOME »
  • 群像新人文学賞 

【締切】

Web応募→2020年10月15日 

郵送での応募→2020年10月31日(当日消印有効)

 

 

【応募枚数】

(400字詰め原稿用紙)70枚以上250枚以内

 

◆群像新人文学賞過去受賞作品一覧◆

 

【選考委員情報】       

柴崎友香  きょうのできごと (河出文庫)その街の今は (新潮文庫)春の庭 (文春文庫)

 『きょうのできごと』(第24回咲くやこの花賞)

 

『その街の今は』

(第23回織田作之助賞大賞)

(→読書感想はこちら)

 

 

『春の庭』(第51回芥川賞)

(→読書感想はこちら)

 

町田康 『くっすん大黒』

(第19回野間文芸新人賞)

『きれぎれ』(第123回芥川賞)

『告白』(第41回谷崎潤一郎賞)

島田雅彦 『夢遊王国のための音楽』

(第6回野間文芸新人賞)

 

『彼岸先生』(第20回泉鏡花文学賞)

 

『君が異端だった頃』

(第71回読売文学賞)

松浦理英子  葬儀の日 (河出文庫―BUNGEI Collection)親指Pの修業時代 上下巻セット犬身

 『葬儀の日』(第47回文學界新人賞)

 

『親指Pの修業時代』(第33回女流文学賞)

 

『犬身』(第59回読売文学賞)

(→読書感想はこちら)

 

 

古川日出男

『砂の王』(デビュー作)

 

『LOVE』(第19回三島由紀夫賞)

 

『女たち三百人の裏切りの書』

(第37回野間文芸新人賞/

第67回読売文学賞)

 

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.