芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 読書感想

読書感想

第157回芥川龍之介賞 受賞作品及び候補作品の読書感想をまとめてみました。

          8月19日に第157回芥川龍之介賞が発表され、沼田真佑さんの『影裏』が、受賞されました。 今回は、受賞作品及び候補作品を改めて振り返ってみます。 以下 …

『星の子』今村夏子(著)第157回芥川賞候補作品 読書感想

第157回芥川賞候補作品 『星の子』 今村夏子(著) (朝日新聞出版)      小さいころ体が弱かった「わたし」。 ある時、湿疹が治らずに症状が悪化した。専門医にみせ、あらゆる民間療法も試みたが効果 …

『残穢』小野不由美(著)第26回山本周五郎賞受賞作品 読書感想

第26回山本周五郎賞受賞作品 『残穢』 小野不由美(著) (新潮社)      作家である「私」は、かつて(20年ほど前)、自身の文庫の「あとがき」で、読者に怖い話を知っていたら教えてほしいと呼びかけ …

『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子(著)第6回日本ホラー小説大賞受賞作品 読書感想

第6回日本ホラー小説大賞受賞作品 /第13回山本周五郎賞受賞作品 『ぼっけえ、きょうてえ』  岩井志麻子(著)  (角川書店)   舞台は岡山の遊郭。 一人の女郎が、客を相手にはじめた、身の上話。 女郎の産みの …

『まだなにかある』(上・下)パトリック・ネス(著)読書感想

        『まだなにかある』(上・下) パトリック・ネス(著) /三辺律子(訳)  (辰巳出版)   少年(主人公のセス)は、海で溺れて死ぬ。そして、再び目覚める。 …

『その街の今は』柴崎友香(著)第23回織田作之助賞受賞作品 読書感想

織田作之助賞受賞作品/ 芸術選奨門科学大臣新人賞受賞作品 『その街の今は』 柴崎友香(著) (新潮社)     主人公の「わたし」(歌ちゃん)は、勤めていた会社が倒産し、カフェでバイトしている28歳の …

『愛のようだ』長嶋有(著)/リトル・モア 読書感想

『愛のようだ』  長嶋有(著)  (リトル・モア)        家の事情から、四十歳を過ぎて、免許を取得した戸倉。 友人の須崎と須崎の恋人の琴美を乗せ、伊勢神宮へドライブに出かける。 彼ら …

『リリース』古谷田奈月(著)/光文社 読書感想

第30回三島由紀夫賞候補作品 『リリース』 古谷田奈月(著) /光文社   主人公のビイは、性差別から解放された国、オーセルで生まれた。ユリとエリカという、同性婚の夫婦の子どもとして。 オーセルでは、同性婚が認 …

『伯爵夫人』蓮實重彦(著)第29回三島由紀夫賞受賞作品 読書感想

第29回三島由紀夫賞受賞作品 『伯爵夫人』 蓮實重彦(著) (新潮社)     帝大入試を間近に控えた旧制の高等学校の生徒である二郎は、ある夕刻、劇場街で見かけた「伯爵夫人」に声をかけられ、彼女に誘わ …

『野良ビトたちの燃え上がる肖像』木村友祐(著)読書感想

『野良ビトたちの燃え上がる肖像』 木村友祐 (新潮社)     主人公の「柳さん」は、猫の「ムスビ」とともに、東京都と神奈川県の県境の河川敷で、ホームレスとして暮らしていた。 そこへ、元々雑誌記者とし …

« 1 19 20 21 40 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.