『生命式』

村田沙耶香(著)

(河出書房新社)

 

表題作含め全12篇からなる短篇集です。

現代人が常識だと思っていることを、爽快なほど(あるいは不気味なほど)ぶち壊してくれる良質な作品ばかりです。

禁断の蜜の味がする、不穏でかつ、愛に満ちた短篇集だと思います。

もし自分の周りにまだ村田沙耶香を知らないという人がいたら、まずはこの本から読ませてみたいかな。ここからゆっくり、沙耶香の毒に浸してあげたいです。たぶん、この一冊で、毒はかなり効いてくることになるでしょう(笑)