芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 文学賞について

文学賞について

「苦役列車」西村賢太著(第144回芥川賞受賞作)読書感想

「苦役列車」 西村賢太著 (第144回芥川賞受賞作)     芥川賞受賞の挨拶で、「そろそろ風俗に行こうと思っていた」などと言ってその個性を披露してみせた西村賢太ですが、その様子が本作品の主人公にも重 …

「蹴りたい背中」綿矢りさ著(第130回芥川賞受賞作)読書感想

「蹴りたい背中」 綿矢りさ著 (第130回芥川賞受賞作)     当時19歳。史上最年少で芥川賞を受賞(金原ひとみ「蛇にピアス」と共にダブル受賞)して、かなり話題になりました。「インストール」( →読 …

円城塔著 烏有此譚 読書感想

烏有此譚(円城塔著) (講談社) (第32回野間文芸新人賞受賞作)       物語は奇妙でしかも難解です。 「烏(いずくん)ぞ烏有(うゆう)に帰さんや」……”どうしてこんな話があるだろうか …

文学新人賞をぜひとってみたい!! 純文学系新人賞を過去受賞作から研究してみました その1

 さて、第1回「文学新人賞 を  ぜひ とって みたい!! 純文学系新人賞を過去受賞作から研究してみました」です。以後、勝手ながら趣旨を要約しまして「tori研」とさせて頂きます。 作家を志して新人の文学賞に応募を重ねて …

2016年夏、芥川賞・直木賞候補の作品出揃う。

今週の20日、2016年夏の芥川賞・直木賞の候補作品の発表がありましたね。 ちなみに半年に一回、選考会があります。 よく両賞の違いがわからない人がいますが、私は芥川賞は「新人作家に送られる奨励賞」、直木賞は「がんばってコ …

文藝賞受賞作(2014、2015)の読書感想

注意:私ではなく、妻の読書感想文(かなりの読書家です)   『アルタッドに捧ぐ』(金子薫)……第51回(2014)文藝賞。 一言で言うと、稀有な小説だと思います。幻想と現実世界が一体化してしまっている、そしてそ …

三島賞

受賞作 :毎年五月中旬ごろ発表 選考対象:前年の四月から三月までに発表された作品が                選考の対象(小説、評論、詩歌、戯曲)。 選考委員:川上弘美 髙村薫 辻原登 平野啓一郎 町      田康 …

本屋大賞の仕組みって?

本屋大賞の仕組みが、いまいちわからない……。 毎年、なんとなく、気になったのを手にする程度……。 常日ごろ、疑問に思っていました。 書店員が「売りたい本、薦めたい本」を投票するのに、なぜすでに10冊が選ばれているのか? …

野間文芸新人賞

受賞作&選評 :毎年群像「1月号」で発表し、掲載 選考対象   :単行本や長編を対象(新鋭作家) 選考委員   :選考委員 : 小川洋子・島田雅彦・保         坂和志・星野智幸・松浦理英子 野間文芸新人賞って聞い …

« 1 3 4 5
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.