芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog

三島賞

『阿修羅ガール』舞城王太郎(著)第16回三島由紀夫賞受賞作品 読書感想

第16回三島由紀夫賞受賞作品 『阿修羅ガール』 舞城王太郎(著) (新潮文庫)       女子高生のアイコは、「減るもんじゃねーだろ」と言われ、好きでもない佐野とセックスをして、結果、自尊 …

『ユリイカ』青山真治(著)第14回三島由紀夫賞受賞作品 読書感想

第14回三島由紀夫賞受賞作品 『ユリイカ』 青山真治(著) 角川書店     バスジャック事件で人質となり、生き残った被害者(運転手の沢井、乗客の兄妹直樹と梢)や、関わった刑事(松岡)らの、苦悩と再生 …

『ららら科學の子』矢作俊彦(著)第17回三島由紀夫賞受賞作品 読書感想(※ネタバレあり)

第17回三島由紀夫賞受賞作品 『ららら科學の子』 矢作俊彦(著) (文藝春秋)     全共闘世代である「彼」は、学生運動のどさくさで、公安警察への殺人未遂という罪を犯してしまい、指名手配され、196 …

『にぎやかな湾に背負われた船』小野正嗣(著)三島賞受賞作品 読書感想

第15回三島由紀夫賞受賞作品 『にぎやかな湾に背負われた船』  小野正嗣(著) (朝日新聞社)     主人公(「わたし」)の父親が、「浦」(海辺の集落)の駐在だった時の話。 警察官である父の元には、 …

『六〇〇〇度の愛』鹿島田真希(著)第十八回三島由紀夫賞受賞作品 読書感想

第十八回三島由紀夫賞受賞作品 『六〇〇〇度の愛』   鹿島田真希(著)     製本所の工場長である夫と息子、三人で団地に暮らす「女」。「女」は、何不自由のない専業主婦だったが、ある日、団地の火災報知 …

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田沙耶香(著)/朝日新聞出版 読書感想(※ネタバレあり)

第26回三島由紀夫賞受賞作品 『しろいろの街の、その骨の体温の』  村田沙耶香(著) (朝日新聞出版)     (※以下、ネタバレがありますので、ご注意してお読みください) 小学4年生の少女(結佳)に …

三島賞

受賞作 :毎年五月中旬ごろ発表 選考対象:前年の四月から三月までに発表された作品が                選考の対象(小説、評論、詩歌、戯曲)。 選考委員:川上弘美 髙村薫 辻原登 平野啓一郎 町      田康 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.