芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog

SF‣ファンタジー

『カラヴァル 深紅色の少女』ステファニー・ガーバー(著)/西本かおる(訳) 読書感想

2018年本屋大賞翻訳小説部門1位 『カラヴァル 深紅色の少女』 ステファニー・ガーバー(著) 西本かおる(訳) (キノブックス)       2018年の本屋大賞翻訳小説部門で第一位に選ば …

『地球にちりばめられて』多和田葉子(著)/講談社/ 読書感想

『地球にちりばめられて』 多和田葉子(著) (講談社)       物語は、クヌートというデンマークに住む言語学を研究している青年が、ある日テレビ画面の中に登場した一人の女性と巡り会うところ …

『星の民のクリスマス』古谷田奈月(著)第25回日本ファンタジーノベル大賞受賞作品 読書感想

第25回日本ファンタジーノベル大賞受賞作品 『星の民のクリスマス』 古谷田奈月(著) (新潮社)     歴史小説家の父親が、4歳の娘へのクリスマスプレゼントに物語を書いて贈った。 娘は喜んで、その本 …

『キュー』上田岳弘(著)読書感想

『キュー』 上田岳弘(著) (『新潮』2017年10月号掲載)         上田岳弘さんの連載小説『キュー』を、『新潮』2017年10月号掲載分のみ、とりあえず読んでみた感想で …

『かがみの孤城』辻村深月(著)ポプラ社 読書感想

『かがみの孤城』  辻村深月(著)  (ポプラ社)     中学一年生のこころは、理不尽な理由でいじめの対象になり、入学後一月ほどで不登校になってしまう。 心配する両親の手前、心苦しいものを感じながら …

『魔法の猫』スティーヴン・キング他/ダン&ドゾワ編 読書感想

『魔法の猫』 スティーヴン・キングほか(著) /J・ダン&G・ドゾワ(編) /深町眞理子ほか(訳) (扶桑社)     ちょっと古い本ですが(日本での初版は1998年)、とても気に入っている一冊です。 …

『本を守ろうとする猫の話』夏川草介(著)/小学館 読書感想

『本を守ろうとする猫の話』 夏川草介(著) (小学館)       幼いころに両親が離婚し、さらに母親もなくした主人公(夏木林太郎)は、古書店を営む祖父に引き取られ、以降祖父と二人暮らしだっ …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.