芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 読書感想

読書感想

『桜風堂ものがたり』村山早紀著(2017年本屋大賞ノミネート作品)読書感想

『桜風堂ものがたり』 村山早紀著 (PHP研究所) (2017年本屋大賞ノミネート作品) 老舗の百貨店の中にある銀河堂書店に勤務している月原一整は、文庫を担当している。 一整は、幼いころに家族を失った生い立ちから、人間嫌 …

『踊るナマズ』高瀬ちひろ著(第29回すばる文学賞受賞作品)読書感想

『踊るナマズ』 高瀬ちひろ著 (第29回すばる文学賞受賞作品)     数々のナマズ伝説がある土地(田多間町)で生まれ育ち、かつてナマズの幻を見た叔母(小夜子)がいる弥生は、中学の時、クラスメートの一 …

『俺俺』星野智幸著(第5回大江健三郎賞受賞作品)読書感想

『俺俺』 星野智幸著 (第5回大江健三郎賞受賞作品) (新潮社) ある日、俺(永田均)は、マクドナルドの店内で隣り合って座った男の携帯電話を、盗むつもりもなく盗んで自宅に持ち帰ってしまった。 携帯電話の持ち主(大樹)の母 …

「暗幕のゲルニカ」原田マハ著(2017年本屋大賞ノミネート作品)読書感想

「暗幕のゲルニカ」 原田マハ著 (2017年本屋大賞ノミネート作品)     1937年に開催されたパリ万博に出品された、パブロ・ピカソの「ゲルニカ」を巡るサスペンス物語。 MoMAでアジア人初のキュ …

『春の庭』柴崎友香(著)(第151回芥川賞受賞作)読書感想

『春の庭』 柴崎友香(著) (第151回芥川賞受賞作)    築31年で、近々取り壊しが決まったアパート(「ビューパレス サエキⅢ」)に、太郎が引っ越してきたのは、三年前だった。 住人たちの多くが既に出て行って …

「寝相」滝口悠生著(新潮社)読書感想

「寝相」滝口悠生著 (新潮社)     竹春と孫のなつめは、今年の正月から二人で暮らしはじめた。 竹春は昔から家族をかえりみずに好き勝手生きてきたので、妻の柿江(なつめの祖母)は家を出て行き、娘の弥生 …

『罪の声』塩田武士著(2017年本屋大賞候補作品)読書感想

『罪の声』 塩田武士著(講談社) ◇2017年本屋大賞ノミネート作品◇   日本の犯罪史上に残る未解決事件「グリコ・森永事件」をモデルに描かれたフィクションです。 「グリコ」は「ギンガ」、「森永」は「萬堂」、「 …

「わたしの小春日和」滝口悠生著 読書感想

「わたしの小春日和」  滝口悠生著  (『寝相』新潮社 に収録 )    現在無職の「私」(行夫)は、仕事を見つけるどころか、その探し方すらよく分からなくなった。 思いついたのは、知っている番号ならどこでも電話 …

新潮新人賞研究(文学新人賞をぜひとってみたい!! その11)

  こんにちは(´-`).。oO 『tori研』です。 今回は、新潮新人賞第46回~第48回を研究してみようかと思います。 以下が受賞作の一覧です。 第46回(2014年) 『指の骨』 高橋弘希 (→読書感想は …

「ツバキ文具店」小川糸著(2017年本屋大賞ノミネート作品)読書感想

「ツバキ文具店」 小川糸著 (幻冬舎) (2017年本屋大賞ノミネート作品)   鎌倉で代書屋を兼ねた文具店を営む先代の跡を継ぎ、「ツバキ文具店」の店主になった、ポッポこと雨宮鳩子。 雨宮家は、江戸時代から続く …

« 1 31 32 33 44 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.