芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 読書感想

読書感想

『とうもろこし畑の七面鳥』柴崎友香(著)読書感想

『とうもろこし畑の七面鳥』 柴崎友香(著) (『新潮』2017年9月号掲載)       アイオワ大学には、世界各国の作家さんばかりが集まって過ごす(3カ月間)、インターナショナル・ライティ …

『草薙の剣 昭和篇』橋本治(著) 読書感想

『草薙の剣 昭和篇』 橋本治(著) (『新潮』2017年9月号掲載)         6人の日本人とその家族たち(6世帯におよぶ)の人生と、彼らから見た、昭和から平成にかけての、日 …

『湖畔の愛』町田康(著)読書感想

『湖畔の愛』 町田康(著) (『新潮』2017年9月号)        周囲を山に囲まれた神秘的な湖――九界湖――からやや登ったところに建つ、九界湖ホテルを舞台に、繰り広げられる、笑いと芸と …

『ファンタジスタ』星野智幸(著)第25回野間文芸新人賞受賞作品 読書感想

第25回野間文芸新人賞受賞作品 『ファンタジスタ』 星野智幸(著) (集英社)     首相公選制の下にある、近未来の日本。 明日、国民投票で、この国の首相が選ばれる。 選挙前から、一人のカリスマに、 …

『瀞』佐藤洋二郎(著)読書感想

『瀞』 佐藤洋二郎(著) (『群像』2017年9月号掲載)       5年前に妻を亡くした杉尾に、40年以上も会っていなかった幼なじみの祐子から連絡があり、突然会いたいと言われる。日時を決 …

『その八重垣を』三輪太郎(著)読書感想

『その八重垣を』  三輪太郎(著) (『群像』2017年9月号掲載)       大学の非常勤講師を掛け持ちしながら、なんとか生計を立てている「私」は、元々は上代文学の研究者だった。 15年 …

『雪子さんの足音』木村紅美(著)読書感想

『雪子さんの足音』  木村紅美(著) (『群像』2017年9月号掲載)        二十年前、薫が住んでいた「月光荘」の大家の女性(雪子)が死んだ。 八月の終わり、薫は出張先のホテルの朝刊 …

『塔のある村』水原涼(著)読書感想

『塔のある村』 水原涼(著) (『文學界』2017年9月号掲載)       鳥取に、「杜若(とじゃく)」という村がある。 杜若には、奇妙な塔が建っている。 村人に尋ねても、名前も分からず、 …

『はんぶんのユウジと』壇蜜(著)読書感想

『はんぶんのユウジと』  壇蜜(著) (『文學界』2017年9月号掲載)     親に勧められるまま見合いし、結婚した「私」。 結婚から二ヶ月後に、夫は突然、死んでしまう。 葬儀後、夫の両親の元を訪れ …

『廃屋の眺め』沼田真佑(著) 読書感想

芥川賞受賞第一作 『廃屋の眺め』 沼田真佑(著) (『文學界』 2017年9月号掲載)     『影裏』で、文學界新人賞及び芥川賞を受賞された沼田真佑さんの、受賞後第一作目となる作品です。 短いですが …

« 1 2 3 4 25 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.