芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 読書感想

読書感想

『ジャージの二人』長嶋有(著)/集英社 読書感想

『ジャージの二人』 長嶋有(著) (集英社)       2001年に『サイドカーに犬』で第92回文學界新人賞を受賞し、同年に『猛スピードで母は』で第126回芥川賞を受賞した長嶋有さんは、ブルボン小林 …

『燃えるスカートの少女』エイミー・ベンダー(著)/菅啓次郎(訳)読書感想

『燃えるスカートの少女』 エイミー・ベンダー(著) /菅啓次郎(訳) (角川文庫)     《孤独で冷たくて優しい毒》 本書を初めて読んだ時、あらゆる意味で裏切られていく感覚の心地よさのようなものを感 …

『ドグラ・マグラ』夢野久作(著)角川文庫 読書感想

        『ドグラ・マグラ』(上・下)  夢野久作(著)  角川文庫  記憶を失い、自分のことが一切思い出せない青年(「私」)は、九州帝国大学の精神科病棟で目覚める。 何とか …

『独りごとのように』スザンナ・タマーロ(著)/泉典子(訳)読書感想

『独りごとのように』 スザンナ・タマーロ(著) 草思社     短編一話と、四話の中篇からなる作品です。 【また月曜日】 「私」が綴った、ある月曜日から翌月曜日までの日記。 「私」と夫ジェフ、そして娘 …

『心のおもむくままに』スザンナ・タマーロ(著)/泉典子(訳)草思社 読書感想

『心のおもむくままに』 スザンナ・タマーロ(著) /泉典子(訳) 草思社     主人公のオルガは、庭で突然倒れ、意識不明になる。 病院で目覚めた彼女は、医者から健康状態が非常に悪いことを告げられ、養 …

『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦(著)読書感想

『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦(著) (角川文庫)   (第一章のあらすじ) 大学のクラブの後輩である「彼女」(「黒髪の乙女」)に、ひそかに想いを寄せている「私」。 ある夜、クラブのOBが結婚することになり …

『職業としての小説家』村上春樹(著) 読書感想

『職業としての小説家』 村上春樹(著) (スイッチ・パブリッシング)       海外でも名前の知られているベストセラー作家、村上春樹さんの、自伝的エッセイです。 小説を書くことになったきっ …

すばる文学賞研③(文学新人賞をぜひとってみたい!! その14)

こんにちは、『tori研』です。 ついに、近所の桜も散ってしまいました(*‘ω‘ *) おまけに雨の日が続いて何となく憂鬱ですが、がんばって文学研究します!!(*ノωノ) 今回は、すばる文学賞 第38回~第40回をいって …

『えん』ふくだももこ(著)〔第40回すばる文学賞 佳作〕読書感想

『えん』 ふくだももこ(著) 〔第40回すばる文学賞 佳作〕 (『すばる』2016年11月号掲載)    日向町(京都と大阪の境目にある)に、暮らす主人公の「私」(縁)。 小学二年生の時に引っ越してきた、琴子と …

『島と人類』足立陽(著)〔第38回すばる文学賞受賞作品〕読書感想

『島と人類』 足立陽(著) 〔第38回すばる文学賞受賞作品〕 (集英社) ヌーディストでもある人類学者の河鍋未來夫は、大学の講義中に全裸となり、停職処分に。 常軌を逸した彼のこの行動は、話題となり、マスコミに騒がれ、進退 …

« 1 27 28 29 44 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.