芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 読書感想

読書感想

すばる文学賞研究②(文学新人賞をぜひとってみたい!! その13)

こんにちは、『tori研』です。 やっと桜が咲きましたね~(^^♪ と思ったら、もう散ってしまうんですね~(*‘ω‘ *) 今回は、すばる文学賞 第34回~第37回を研究してみます。(第41回の締め切りは終わってしまいま …

『教授と少女と錬金術師』金城孝祐(著)〔第37回すばる文学賞受賞作品〕読書感想

『教授と少女と錬金術師』  金城孝祐(著) 〔第37回すばる文学賞受賞作品〕 (集英社) 薬学部の学生である主人公の久野は、指導教授である江藤から、強引に研究課題を押し付けられる。 江藤が取り組んでいるのは、育毛と油を関 …

『トロンプルイユの星』米田夕歌里(著)〔第34回すばる文学賞受賞作品〕読書感想

『トロンプルイユの星』 米田夕歌里(著) 〔第34回すばる文学賞受賞作品〕 (集英社)  小さなイベント会社で働く藤田サトミ(「わたし」)は、ある日、仕事中に大きな揺れを感じるが、そのことを話題にすると、職場の仲間たちは …

『左目に映る星』奥田亜希子(著)〔第37回すばる文学賞受賞作品〕読書感想

『左目に映る星』 奥田亜希子(著) 〔第37回すばる文学賞受賞作品〕 (集英社) 小学生の頃に恋をした少年(吉住)のことが、大人になっても忘れられないOLの早季子。 彼女は、大学時代から付き合った恋人(日向)と別れた後、 …

『狭小邸宅』新庄耕(著)[第36回すばる文学賞受賞作品]読書感想

『狭小邸宅』新庄耕(著) 〔第36回すばる文学賞受賞作品〕 (集英社)   主人公の松尾(「僕」)は、大学卒業時、特にやりたいこともなかったので、大した就職活動もせずにいて、結果、やはり特に思い入れのない業種で …

2017年度本屋大賞ノミネート作品10作の読書感想まとめ

4月11日発表予定の2017年度本屋大賞の読書感想をまとめてみました。 全て、私が個人的に書いた読書感想ですが、ご興味のある方は、お読みください。   『i』 西加奈子(著) ポプラ社 (→ 読書感想はこちら) …

『夜行』森見登美彦著(2017年本屋大賞ノミネート作品)読書感想

『夜行』 森見登美彦著 (2017年本屋大賞ノミネート作品) (小学館)   「鞍馬の火祭」を見物するために、元英会話スクールの仲間たち――僕(大橋)、武田、中井、藤村、田辺の5人――が、10年ぶりに鞍馬に集結 …

『黄金の庭』高橋陽子著(第36回すばる文学賞受賞作品)読書感想

『黄金の庭』  高橋陽子著 (第36回すばる文学賞受賞作品) (集英社)    とある計算違いから、やむなく無職になってしまった「わたし」と、夫の那津男が引っ越してきたのは、黄金町という町の、古い一軒家だった。 …

『フラミンゴの村』澤西祐典著(第35回すばる文学賞受賞作)読書感想

『フラミンゴの村』  澤西祐典著 (集英社) (第35回すばる文学賞受賞作)   ベルギーの農村で、突然、村中の女たちが、フラミンゴに変身した。 残された男たちは、事態に当惑しながらも、フラミンゴたちを村の沼地 …

『騎士団長殺し』(第2部 遷ろうメタファー編)村上春樹著 読書感想(※ネタバレあり)

『騎士団長殺し』 (第2部 遷ろうメタファー編)     村上春樹著   (新潮社)   村上春樹さんの最新作『騎士団長殺し』の、今回は「第2部:遷ろうメタファー編」を読んでみました。 (※一部ネタバレもありま …

« 1 2 3 16 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.