芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 読書感想

読書感想

『鳥を放つ』四方田犬彦(著)読書感想

『鳥を放つ』 四方田犬彦(著) (『新潮』2018年8月号に掲載)       作者に対する予備知識がなく、著作を読むのは、本作がはじめてです。 ネットなどで調べた情報によると、作者の四方田 …

『ポトスライムの舟』津村記久子(著)第140回芥川賞受賞作品 読書感想

第140回芥川賞受賞作品 『ポトスライムの舟』 津村記久子(著) (講談社)     前職を上司による激しいモラハラが原因で退社したナガセ(現在29歳)は、現在は工場勤務で月給手取り13万8千円。 あ …

『信長の守護神』青来有一(著)読書感想

『信長の守護神』 青来有一(著) (文藝春秋刊行の『聖水』に所収)       本作は、第121回芥川賞の候補作になった作品です。残念ながら受賞は逃しました(この回の芥川賞は、受賞該当作なし …

『この人の閾』保坂和志(著)第113回芥川賞受賞作品 読書感想

第113回芥川賞受賞作品 『この人の閾』 保坂和志(著) (新潮文庫)       37歳で会社員であるらしい語り手の「ぼく」(三沢)が、仕事で打ち合わせをする約束だった相手にすっぽかされて …

『聖水』青来有一(著)第124回芥川賞受賞作品 読書感想

第124回芥川賞受賞作品 『聖水』 青来有一(著) (文藝春秋)       『ジェロニモの十字架』で文學界新人賞を受賞してデビューした青来有一さんの、芥川賞を受賞した作品。 末期癌を患った …

『泥海の兄弟』青来有一(著)読書感想

『泥海の兄弟』 青来有一(著) (文藝春秋刊行の『聖水』に所収)       この作品は、第116回の芥川賞候補になった作品です。 青来有一さんは、『ジェロニモの十字架』で文學界新人賞を受賞 …

『ジェロニモの十字架』青来有一(著)第80回文學界新人賞受賞作品 読書感想

第80回文學界新人賞受賞作品 『ジェロニモの十字架』 青来有一(著) (文藝春秋刊行の『聖水』に所収)       『聖水』で芥川賞を受賞した長崎出身の作家、青来有一さんのデビュー作品です。 …

『僕が殺した人と僕を殺した人』東山彰良(著)読書感想

『僕が殺した人と僕を殺した人』 東山彰良(著) (文藝春秋)       『流』で第153回直木賞を受賞した、東山彰良さんの長編小説。 題名はかなりショッキングなものですし、冒頭から猟奇的な …

『カラヴァル 深紅色の少女』ステファニー・ガーバー(著)/西本かおる(訳) 読書感想

2018年本屋大賞翻訳小説部門1位 『カラヴァル 深紅色の少女』 ステファニー・ガーバー(著) 西本かおる(訳) (キノブックス)       2018年の本屋大賞翻訳小説部門で第一位に選ば …

『リーダー』松井周(著)読書感想

『リーダー』 松井周(著) (『文藝』2018年夏号に掲載)       劇作家であり俳優でもある松井周さんの中篇小説。 ゲームの脚本づくりをする作家チームのリーダーである主人公の男が、職場 …

« 1 2 3 43 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.