芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog

気になる作品、著名人

『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』羽田圭介著 読書感想

『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』 羽田圭介著 (講談社)   リアル世界で映画さながらに躍動するゾンビたちと、それに対峙する現代社会の人々の様相を描いた群像劇。 主な登場人物として、10年前に新人賞を受賞して …

『騎士団長殺し』(第1部 顕れるイデア編)村上春樹著 読書感想(※ネタバレあり)

『騎士団長殺し』 (第1部 顕れるイデア編)     村上春樹著   (新潮社)   ノーベル文学賞の呼び声が高い村上春樹さんの最新作とあって、かなり話題になっている『騎士団長殺し』の、まずは「第1部:顕れるイ …

『i(アイ)』西加奈子著(2017年度本屋大賞ノミネート作品)読書感想

『i(アイ)』 西加奈子著 (ポプラ社) (2017年度本屋大賞ノミネート作品) 「この世界にアイは存在しません。」 高校に入学して初めての授業で、数学教師が言い放った一言に、アイは衝撃を受ける。 ただの虚数の話だったの …

『俺俺』星野智幸著(第5回大江健三郎賞受賞作品)読書感想

『俺俺』 星野智幸著 (第5回大江健三郎賞受賞作品) (新潮社) ある日、俺(永田均)は、マクドナルドの店内で隣り合って座った男の携帯電話を、盗むつもりもなく盗んで自宅に持ち帰ってしまった。 携帯電話の持ち主(大樹)の母 …

『春の庭』柴崎友香著(第151回芥川賞受賞作)読書感想

『春の庭』 柴崎友香著 (第151回芥川賞受賞作)    築31年で、近々取り壊しが決まったアパート(「ビューパレス サエキⅢ」)に、太郎が引っ越してきたのは、三年前だった。 住人たちの多くが既に出て行ってしま …

「寝相」滝口悠生著(新潮社)読書感想

「寝相」滝口悠生著 (新潮社)     竹春と孫のなつめは、今年の正月から二人で暮らしはじめた。 竹春は昔から家族をかえりみずに好き勝手生きてきたので、妻の柿江(なつめの祖母)は家を出て行き、娘の弥生 …

「わたしの小春日和」滝口悠生著 読書感想

「わたしの小春日和」  滝口悠生著  (『寝相』新潮社 に収録 )    現在無職の「私」(行夫)は、仕事を見つけるどころか、その探し方すらよく分からなくなった。 思いついたのは、知っている番号ならどこでも電話 …

「工場」小山田浩子著(第42回新潮新人賞受賞作)読書感想

「工場」(新潮社) 小山田浩子著 (第42回新潮新人賞受賞作)   牛山佳子は、何度も転職を繰り返した後、巨大な工場に就職が決まった。 工場は昔から土地にあって、子供の頃からよく知っているし、そこの製品も使った …

「あひる」今村夏子著(書肆侃侃房)読書感想

「あひる」 今村夏子著(書肆侃侃房) (第155回芥川賞候補作)   主人公の「わたし」が両親と暮らす実家で、「のりたま」という名前のあひるを飼うようになった。のりたまは、父親の元同僚が飼っていたあひるで、事情 …

「東京宝石箱」中山咲著(『文藝』2014年冬号 掲載)読書感想

「東京宝石箱」   中山咲著 (『文藝』2014年冬号 掲載)   短大を卒業した主人公「私」は地元で就職していたが、友達に東京の仕事(貿易事務)を紹介され、母親の反対を押し切って、上京。 東京と言っても、不動 …

« 1 2 3 5 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.