芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog

有名作家

「亜美ちゃんは美人」綿矢りさ著(文藝春秋出版「かわいそうだね?」に収録)読書感想

「亜美ちゃんは美人」 綿矢りさ著 (文藝春秋出版「かわいそうだね?」に収録)     さかきちゃんの高校時代からの親友亜美ちゃんは、誰もが認める美人で、周囲からはその容姿ゆえに特別な存在として扱われて …

「かわいそうだね?」綿矢りさ著(文藝春秋)読書感想

「かわいそうだね?」 綿矢りさ著(文藝春秋)       百貨店の洋服売り場で現場のチーフとして働く主人公の「私」は、しっかり者で周りから頼られる存在であるが、窮地に陥ったならば男に頼りたい …

「勝手にふるえてろ」綿矢りさ著(文藝春秋)読書感想

「勝手にふるえてろ」綿矢りさ著 (文藝春秋)     経理課で働く20代会社員(女性)である「私」には、二人の男がいて、一人は中学生のころから片思いをしている「イチ」で、もう一人は、同じ会社の営業課で …

「乳と卵」川上未映子著(第138回芥川賞受賞作)読書感想

「乳と卵」川上未映子著 (第138回芥川賞受賞作)     東京で一人暮らしをしている主人公「わたし」の元へ、豊胸手術をすることを考えている姉の巻子と、その娘の緑子が泊まりにやってくる。間もなく生理が …

西加奈子著「サラバ!」上・下 (小学館) 読書感想

        「サラバ!」上・下 (小学館) /西加奈子著 この作品は第152回直木三十五賞を受賞しました(2015年度の本屋大賞では2位でした)。 主人公の「僕」こと「あくつあ …

西加奈子著「舞台」(講談社) 読書感想

「舞台」(講談社) /西加奈子著     自意識過剰な青年「葉太」が、ひとりニューヨークに旅行で訪れ、セントラル・パークでパスポート等貴重品の入ったバッグを盗まれる、というお話です。 葉太の自意識の過 …

« 1 2 3
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.