芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog

有名作家

『俺俺』星野智幸著(第5回大江健三郎賞受賞作品)読書感想

『俺俺』 星野智幸著 (第5回大江健三郎賞受賞作品) (新潮社) ある日、俺(永田均)は、マクドナルドの店内で隣り合って座った男の携帯電話を、盗むつもりもなく盗んで自宅に持ち帰ってしまった。 携帯電話の持ち主(大樹)の母 …

「寝相」滝口悠生著(新潮社)読書感想

「寝相」滝口悠生著 (新潮社)     竹春と孫のなつめは、今年の正月から二人で暮らしはじめた。 竹春は昔から家族をかえりみずに好き勝手生きてきたので、妻の柿江(なつめの祖母)は家を出て行き、娘の弥生 …

「何様」朝井リョウ著(新潮社)読書感想

「何 様」 朝井リョウ著 (新潮社)     この作品は、第148回直木賞を受賞して、映画化もされた『何者』のアナザーストーリーとして書かれたものです。 既に『何者』を読んでいる人には、”ああ、あの登 …

「何者」朝井リョウ著(第148回直木賞受賞作)読書感想

    「何者」朝井リョウ著 (第148回直木賞受賞作) (新潮社)   大学の演劇サークルで脚本を書いていた主人公の拓人(俺)は、同じ大学の光太郎とルームシェアしている。 光太郎の元カノで …

「世紀の発見」磯崎憲一郎著(河出書房新社)読書感想

「世紀の発見」   磯崎憲一郎著 (河出書房新社)   2007年に、「肝心の子供」で第44回文藝賞を受賞した磯崎憲一郎氏が、2008年『文藝』冬号に発表した作品です。 主人公の「彼」は、子供時代、いくつかの不 …

「きみは赤ちゃん」川上未映子著(文藝春秋)読書感想

「きみは赤ちゃん」  川上未映子著(文藝春秋)       文學界新人賞及び新潮新人賞の選考委員である川上未映子さんが、自身の出産におよんでの出来事を記した体験記です。 「出産編 できたら、 …

「犬身」松浦理英子著(朝日新聞社)読書感想

「犬身」  松浦理英子著 (朝日新聞社)     犬が好き、というより、犬そのものになりたい。という願望を持ちながら生きてきた主人公「房恵」。 彼女は「犬の眼」というローカル雑誌を大学時代からの友人( …

「つぎの著者につづく」円城塔著(文藝春秋)読書感想

「つぎの著者につづく」  円城塔著 (「オブ・ザ・ベースボール」  〔文藝春秋〕に収録)     2007年。「オブ・ザ・ベースボール」(→読書感想はこちら)で文學界新人賞をとった年の11月に、『文學 …

「オブ・ザ・ベースボール」円城塔著(第104回文學界新人賞受賞作)読書感想

  「オブ・ザ・ベースボール」   円城塔著(文藝春秋)   (第104回文學界新人賞受賞作)     現在は自らが選考委員もしている文學界新人賞を受賞したこの作品が、円城塔さんのデビュー作 …

「蹴りたい背中」綿矢りさ著(第130回芥川賞受賞作)読書感想

「蹴りたい背中」 綿矢りさ著 (第130回芥川賞受賞作)     当時19歳。史上最年少で芥川賞を受賞(金原ひとみ「蛇にピアス」と共にダブル受賞)して、かなり話題になりました。「インストール」( →読 …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.