芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 読書感想

読書感想

『冥土めぐり』鹿島田真希(著)第147回芥川賞受賞作品 読書感想

  第147回芥川賞受賞作品 『冥土めぐり』 鹿島田真希(著) (河出書房新社)     脳に障害を抱える夫(太一)と、主人公である妻の奈津子が、一泊5千円の区の保養所に出かけて行くという物 …

『共喰い』田中慎弥(著)第146回芥川賞受賞作品 読書感想

第146回芥川賞受賞作品 『共喰い』 田中慎弥(著) (集英社)     本作は、平成23年度の下半期芥川賞を受賞した作品で、円城塔さんの『道化師の蝶』と同時受賞でした。 従来の小説の枠組みから大きく …

『助手席にて、グルグル・ダンスを踊って』伊藤たかみ(著)第32回文藝賞受賞作品 読書感想

第32回文藝賞受賞作品 『助手席にて、 グルグル・ダンスを踊って』 伊藤たかみ(著) (河出文庫)   『八月の路上に捨てる』で芥川賞を受賞した伊藤たかみさんの、デビュー作で、大学在学中に書かれました。 小説の …

『猛スピードで母は』長嶋有(著)第126回芥川賞受賞作品 読書感想

第126回芥川賞受賞作品 『猛スピードで母は』 長嶋有(著) (文春文庫)       小学生の慎は、母親と二人暮らし。両親は離婚していて、40キロ離れた所に(母方の)祖父母が住んでいて定期 …

『サイドカーに犬』長嶋有(著) 第92回文學界新人賞受賞作品 読書感想

第92回文學界新人賞受賞作品 『サイドカーに犬』 長嶋有(著) (『猛スピードで母は』文春文庫 に所収)     長嶋有さんのデビュー作で、芥川賞受賞作品である『猛スピードで母は』と併録されている作品 …

『誰でもない』ファン・ジョンウン(著)/斎藤真理子(訳)読書感想

『誰でもない』 ファン・ジョンウン(著) 斎藤真理子(訳) (晶文社)     韓国の作家ファン・ジョンウンさんの、全8篇からなる短篇集です。 著者自ら、そして訳者である斉藤真理子さんも触れられていま …

『わたしの拾った男』木村紅美(著)読書感想

『わたしの拾った男』 木村紅美(著) (『文學界』2018年11月号に掲載)     48歳の独身女性の暮らす部屋に、記憶喪失だという不審な男が迷い込み、不思議な共同生活がはじまる、というお話。 職場 …

『わるもん』須賀ケイ(著)第42回すばる文学賞受賞作品 読書感想

第42回すばる文学賞受賞作品 『わるもん』 須賀ケイ(著) (『すばる』2018年11月号に掲載)     ユーモラスなのにどこか寂しくて不穏、というのが、この作品を読んだ印象でした。 時代背景も場所 …

『壺中に天あり獣あり』金子薫(著) 読書感想

『壺中に天あり獣あり』 金子薫(著) (『群像』2018年11月号に掲載)       2014年に『アルタッドに捧ぐ』で第51回文藝賞を受賞しデビューした、金子薫さんの作品。 本作の舞台と …

『1R1分34秒』町屋良平(著)読書感想

『1R1分34秒』 町屋良平(著) (『新潮』2018年11月号に掲載)       『青が破れる』で第53回文藝賞を受賞してデビューした、町屋良平さんの中篇小説。 ボクサーとして生きながら …

1 2 3 46 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.