芥川賞、群像、新潮、すばる、文藝、文學界等の新人賞受賞作の読書感想

文學界新人賞

  • HOME »
  • 文學界新人賞

【締切】 2018年9月30日

(当日消印有効。Web応募は2018年8月1日より受付開始、9月30日24時締切)

【枚数】400字詰原稿用紙 70枚以上150枚以下

 

【選考委員情報】

円 城 塔

 

オブ・ザ・ベースボール (文春文庫)これはペンです (新潮文庫)道化師の蝶 (講談社文庫)烏有此譚

「オブ・ザ・ベースボール」

(第104回文學界新人賞)

→読書感想はこちら

「これはペンです」 (第145回芥川賞候補作) 

「道化師の蝶」 (第146回芥川賞)

→読書感想はこちら

「烏有此譚」(第32回野間文芸新人賞受賞作)

→読書感想はこちら

 

 

川 上 未 映 子 わたくし率 イン 歯ー、または世界 (講談社文庫)乳と卵(らん) (文春文庫)先端で、さすわさされるわそらええわヘヴン (講談社文庫)

 「わたくし率 イン 歯ー、または世界」

(講談社文庫) 

「乳と卵(ちちとらん)」 (第138回芥川賞)

 →読書感想はこちら

「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」

(第14回中原中也賞)

「ヘヴン」 (紫式部文学賞)

「きみは赤ちゃん」 →読書感想はこちら

 

……女優という経歴もあり、美しい作家先生です。作品は、自我をテーマにしているものが多いようです。ちなみに、旦那様は作家の阿部和重さんです。

長嶋有

猛スピードで母は (文春文庫)タンノイのエジンバラ (文春文庫 (な47-2))夕子ちゃんの近道 (講談社文庫)

 「サイドカーに犬」(第92回文學界新人賞)

「猛スピードで母は」

「タンノイのエジンバラ」

「夕子ちゃんの近道」(第1回大江健三郎賞)

東浩紀 存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)

 「存在論的、郵便的ジャック・デリダについて」

「動物化するポストモダン」

「ゲーム的リアリズムの誕生―動物化するポストモダン2」

綿 矢  り さ

 

インストール (河出文庫)蹴りたい背中 (河出文庫)夢を与える (河出文庫)かわいそうだね? (文春文庫)

「インストール」 (第38回文藝賞)

→読書感想はこちら

「蹴りたい背中」(第130回芥川龍之介賞)

→読書感想はこちら

 「夢を与える」 (第26回京都府文化賞奨励賞)

 

「かわいそうだね?」 (第6回大江健三郎賞)

→読書感想はこちら

……芥川賞を金原ひとみ(当時20歳)「蛇にピアス」と同時受賞した当時19歳で、それまでの最年少記録を更新し話題になりました。

【その他、耳より情報】

以前は年二回募集してましたが、年一度の募集となりました。webでの応募を受け付けているので、非常にありがたいです。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.