『クネレルのサマーキャンプ』

エトガル・ケレット(著)

母袋夏生(訳)

(河出書房新社)

 

表題作『クネレルのサマーキャンプ』他、全31編からなる作品集です。

中編である表題作以外は、かなり短い作品ばかりですが、不思議と心に食い込んでくるものがあります。

なんと言っても、言葉が素晴らしいんだと思います。翻訳された日本語でしか読めていないのですが、それでも言葉のセンスは伝わります(もちろん、これには訳者の力量もあるかと思いますが)。

とくに、やはり表題作は良かった。

自殺者だけが行くことになる世界で、恋人を探し続ける男の物語です。

自殺して死んでいるのに、すぐ仕事を見つけてちゃんと働いていたり、アパートを借りて同居人と住んでいたり、現実の世界とそんなにそこは変わらなくて、ただ自分を含めて住人たちの誰もが死んでいるわけなので、臨終時に身体の一部などを破損したりしていてそのまま生活しているから、その分現実よりちょっとだけ劣化した世界ということになるんでしょうか。

奇妙な、だけどなんだか笑っちゃうようなユーモアが煮溶けていて、奇抜だけど自然と受け入れられてしまう。現実とほとんど同じ顔をした異世界が立ち現れていて、読みだすとすぐそこに引き込まれてしまう、という感じ。それが、癖になりそうな心地よさでもあります。

表題作以外の短編も、不思議で独特な景色や感覚に溢れています。面白かった。