『百花』

川村元気(著) 

(文藝春秋)

 

レコード会社勤務の38歳の息子(泉)と、アルツハイマーを発症した母親(百合子)の物語。

母子家庭だった親子の間には、秘密があります。その秘密もろとも、母親から消えて行くところなんか、ちょっと切なかったですね。