『人生は驚きに充ちている』

中原昌也(著)

(『新潮』2019年5月号に掲載)

 

語り手はライターの男で、妄想なのか現実なのかよく分からない浮遊感のある時空を、とりとめもなく過ごしているような感じがした。