『喪服を着て』

桜井鈴茂(著)

(『文藝』2019年春号に掲載)

 

自殺した親友の葬儀に出席した男は、喪服を着たまま旅に出る。40代、男同士の友情。ハードボイルドな内容だったかな。