『森があるれる」

彩瀬まる(著)

(「文藝」2019年春号に掲載)

 

作家の妻が、夫の不倫をきっかけに発芽して植物になり、やがて森になり……というお話。

夫婦とか、小説とか、男女の不条理なものについて書かれていて、はじまりの1の場面は特に惹かれました。