『憧れの世界』

青木淳悟(著)

(『文學界』2019年2月号に掲載)

 

スタジオジブリが手がけたアニメ映画『耳をすませば』を下地に書かれた、二次創作的な内容の小説です。

以前にも、同作者は同作品を下地に『私、高校には行かない。』という作品を書いていて、やはり『文學界』で発表しています。

登場人物の名前や設定、ストーリー展開や細かな描写まで、元になっているアニメのそれと微妙に似ていて、微妙に違う。作品内の所々では、他のジブリアニメと非常によく似た(けれど微妙に違う)アニメの話なんかも出てきて、なんだか並行世界に出現したジブリワールドに迷い込んだみたいな、おかしな感覚になってきます。

個人的には面白かったですが、なぜこんなにも二次創作にこだわるのか、とその創作における作者の真意や情熱を考えると、不思議な気もします。

この二次創作に関する作者の持論を、もっと明確に知りたいという気がします。